入学準備に役立つ情報を集めました。

ウェア&レイングッズ

ウェア&レイングッズ

レイングッズ

かさ

小学生になったとはいえ、まだ低学年。雨の日にかさをさすという習慣にも慣れていない子どもたちは多いでしょう。かさをさすとき、まわりの大人たちが怖いのは、さしている本人の視界がさえぎられることです。かさを安定に持つために、両手で柄を抱えて歩くとどうしても安定感にかけ、転びやすいですし、まわりからみてもかさの中にいる子どもがどんな動きをするのか、想像つかないという不安があります。

そこでかさ選びのポイントは、子どもの視界が広がりやすく、まわりの大人からも子どもの様子がみえるような「かさに透明部分があるタイプ」のものがおススメですよ。透部分は、単に窓あきになっているものよりも、1面以上が透明で見えるタイプのものがいいでしょう。

また、低学年のうちは、先のとがっていないタイプのものが安心でしょう。
小学生が振り回したかさで失明したという話を前に聞いたことがあります。普段の生活の中でもかさなどは決して振り回したりして遊ばないよう、しっかりと普段の生活の中でも指導しておくのも親の役わりですよね。

レインコート

かさをさすのが苦手な小学校低学年の子どもにお勧めなのが、通学用のレインコートです。

今どき通学用レインコートというのは、からだだけでなく、ランドセルまですっぽりと覆ってくれるタイプのもの。通称「ランドセル対応レインコート」と呼ばれるものが人気らしいです。ランドセル対応のレインコートを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

まずは、「色選び」です。雨の日というのは、まわり全体が薄暗く、自動車で運転している人も子どもの存在が見えにくいというデメリットがあります。「子どもが今歩いていますよ!」という合図をだすためにも、黄色などめだつ色あいのものを選んだ方が安心だと思いますよ。

レインコート選び、もうひとつのポイントは、「軽くて着やすい」ものを選ぶことです。通学時にレインコートを着ていることのほとんどが低学年の子どもたち。ただでさえ、重いランドセルを背負っているのですから、少しでも動きやすく、軽いタイプのものでないと本人も大変だと思います。

通学用のレインコートは、安全性が第一で、機能性にすぐれた使いやすいものを選んでほしいものです。

レインシューズ・長くつ(スノーシューズ)

通学時の道に水たまりはあるものです。足を濡らさないためにもレインシューズをそろえたいもの。また、雪が降る地域にお住まい方は、スノーシューズや長くつは必須アイテムでしょう。レインシューズや長くつは、雨が多い梅雨の時期までに、スノーシューズや長くつは、本格的に雪が降る冬までにそろえておけばいいと思います。

今は、子どもに人気のアニメキャラクターのレインシューズも豊富に売られています。たとえ雨の日でも通学するのが楽しくなるようなデザインのものもあります。親がかってにそろえるのではなく、子どもが気に入った柄やキャラクターなどを聞いてから購入してみてはいかがでしょうか。

また、スノーシューズや長くつを選ぶときは、「防寒タイプ」のものを選ぶ方がいいでしょう。防寒タイプのスノーシューズは、レインシューズやただの長くつと比べ物にならないくらい暖かいです。足にしもやけができたり、子どもの苦痛にならないよう、寒さに負けない防寒スノーシューズ(防寒用長くつ)をそろえましょう。

反射付き学童傘

緑に反射ライン付きで昼夜ともによく目立つ学童傘

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析