入学準備に役立つ情報を集めました。

ランドセルを選ぼう

今どき「ランドセル」の事情

「ランドセル」という言葉を聞いたり見たりすると、小学校のときに毎日学校に背負っていったよなぁと懐かしく思い出す人も多いのではないでしょうか?小学校を控えたお子さんを持つ親御さんは、どんなランドセルを買ってあげたらいいのか、頭を悩まさるところです。

それにしても今どきのランドセルは、色がカラフルに取り揃えられていますね。私自身、しばらくランドセルとはご無沙汰だったので店頭でそのカラーの種類をみてビックリ!!

 同じピンクでも濃いピンク、サーモンピンク、薄く淡い桜色のピンク…。とてもかわいらしくて「本当にこれで6年間学校に通うんだ」と大人の私でもワクワク心がはずむくらいなんだから、子どもは相当嬉しいはず!ですよね。

ランドセルは、今や、色とりどり

ランドセルといえば、男の子は「黒」女の子は「赤」というイメージが定番でしたが、その考えは古いのかもしれません。今の時代は、ランドセルカラーに定番はないと考えておいた方がいいでしょう。

とはいっても今でも男の子に人気のランドセルカラーは、定番の「黒」が半数以上のようです。そのつぎは、紺色、青、グリーン、茶系とつづきます。

女の子に人気の色は、「濃いピンク」。約半数の子どもさんがこの色を選んでいます。つぎが、定番の「赤」と続き、「水色」「薄いピンク」、ごく少数の人が「黒」「茶」「青」を選んでいるそうです。

年長さんの抱えている保育園、幼稚園の先生もこの時期になるとつい「ランドセル何色にした?」と聞いてしまうそうです。驚いたことに女の子の中でも水色を選んだ人がいたことです。

ランドセルには今やいろいろなカラーがあるということは知っていたそうですし、ピンクや赤が多いと思いきや、水色を選んだなんてちょっと意外だったみたいでした。

「親としてはみんなと同じような色にした方が安心」とか「6年間ずっと変えられないものだからこそ無難な色がいい」とつい先走って考えがちですが、これは考えすぎなのかもしれません。

ランドセル購入時は、ぜひともお子さんの意見をとりいれて、「好きな色のランドセル」で学習意欲をアップさせてあげたいですよね。

色だけじゃない「大きく」「軽く」なったランドセル

私たちの子どもの頃のランドセルと今のランドセルを比べると、サイズが大きく、そして軽くなったことに驚かされます。昔はB5サイズと小さかったのですが、今はA4が入るサイズにまで大きくなりました。昔のランドセルは約1600gだったのが現在は、約1300gと300g分軽くなりました。

これまでかという程の多種多様な機能がある!

ただ、教科書をいれて背負えばいい、というランドセルの役目を超えた機能が今のランドセルにはそなえつけられています。それぞれメーカーのランドセルカタログをみれば一目瞭然ですよね。

たとえば、背カンによりベルトを立ち上がらせるため、背中と背中の間に隙間ができないためランドセルが軽く感じられるタイプのもの、水や汚れなどをはじくよう撥水加工されたもの、反射体や防犯ブザーのフックなど通学の安心に必要な機能が追及されているもの、教材のA4サイズだけではなく、A4ファイルサイズも入ってしまうもの、など大切な6年間を支えてくれるために必要な機能がもりだくさんです。

人気の機能としては、「天使のはね」・「フィットちゃん」・「ふわりぃ」などがあります。ランドセルが背中にきちんとフィットするようにできていたりと、それぞれに工夫がされています。
お子様に合った、素敵なランドセルを選んであげてくださいね。

デザインや種類へのこだわり

昔のランドセルといえば、かぶせるタイプのほかにデイパックのような四角いファスナータイプのランドセルなどもありました。しかし、今現在はほとんどこれらのタイプは見受けられません。かぶせるタイプのランドセルが主流となっているようです。このかぶせタイプのランドセルは、とにかく収納が多くできるのがいいですね。毎日たくさんの教材やノートを持ち運びできるのに諜報されるのはうなずけます。

そのかぶせタイプのランドセルで一番気になるのが「かぶせ」のデザインでしょう。単色カラーのほかにもステッチの色が違っていたり、刺繍がほどこされてあったり、いろいろです。

かぶせを開いたポケット部分のデザインも目が離せません。マチのところにハートの型押しがあったり、ポケットのところにハートのデザインやお花の刺繍があったり、ランドセルはみな同系色といえども、ちょっとしたアクセントは女の子にはうれしいものです。

かぶせタイプのランドセルでも、人とはちょっと違うデザインがいいとこだわりたいなら、カブセをまずは開けてみて、ポケットの内装やマチ部分までしっかりと見ることが大切ですね!

キャラクターやデザインのこだわり

シナモロール、ハローキティ、ウサハナ、ポケットモンスター、くまのプーさん、ディズニープリンセス、ミニーマウスなど可愛いキャラクターを取り入れているランドセルもあります。

女の子には、ハートやリボンの刺繍が入ったキュートなデザイン、男の子には、プーマやナイキなどのスポーツブランドのランドセルが大人気ですね。とはいえ、キャラクター部分が多すぎると、成長して学年が進んだ時に、そのキャラクターが流行っているのか…、これが問題です。低学年の好みと高学年の好みではだいぶ変わってきている可能性が高いですからね。

キャラクターを重視したランドセルは子どもにとってたっぷり魅力的ですが、この6年間使い続けることを考えながらランドセルを選びたいものです。

ランドセル関連グッズの紹介

  • 防犯ブザー

  • スクールバック

  • ランドセルカバー


スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析