入学準備に役立つ情報を集めました。

上履き&靴

上履きくつ&通学用くつ

上履きくつ

上履きくつ

ほとんどの学校で上履きの指定はあるようです。たとえば、「無地や白地であること」や「マジックタイプのものはダメ」などです。それぞれの学校によって形や色の指定は違いますので、そこはきちんと学校の方の指示にしたがってから購入した方がいいでしょう。

学校の指示どおりの形や色の指定がクリアした上での上履き用のくつを選ぶポイントは、「履きやすさ」です。履いていて違和感がないようなくつを選びましょう。また、洗濯しやすいタイプのものを選ぶといつも清潔を保てて便利ですよ。

上履き入れ

上履き入れには、2タイプあります。「ケース型」のものと「袋型」のものです。既製品ではなくて「手作りで」という規定がある学校もあるようなので、入学説明会のときにしっかりと聞いておきたいものです。上履き入れというのは、汚れたくつも入りますので、洗濯ができるタイプのものを選ぶと便利ですよ。

通学用のくつ

幼稚園、保育園とちがい家の人が迎えにきてくれたり、送迎用のバスなどはありません。自分の足で歩いて通学しなけばならないのが小学生になってからの掟です。慣れない道を毎日それなりの距離歩くわけですから、通学用のくつ選びはとても重要になってきます。

通学用のくつ選びのポイントは、デザイン性よりも「履きやすさ」と「疲れにくさ」を重視して選ぶことが大切です。

購入するときは、実際に子どもにはさせてみて選ぶのは基本ですね。新しいくつになれるのは思った以上に時間がかかるもの。入学までの夏休み期間中に歩かせてみるなど履きならし期間をとることは必要かもしれません。

また、子どもがスムーズに脱いだりはいたりができるくつでないと子どもの苦痛になってしまいますのでその点も試着のときに確認しながら選んでみてください。

くつ下

小学校に入ると活動範囲や活動時間がグンと増えるので、くつ下はすぐに汚れてしまいます。特に男の子はやんちゃなので、1日に何度も変えることもある子どももいるようですね。

くつ下は、とにかくたくさん用意するにかぎります。園時代のものだけでなく、あらたに新しいくつ下を購入しておいた方がいいでしょう。汚れが目立つ白地のものと汚れがついても目立たない暗めのものを両方用意するといいでしょう。その際、しっかりとフルネームを書いておくのも忘れないように。

シューズケース

キャラクターもののシューズケースです。
好きなキャラクターが選べて上履きを入れる袋としていかがですか?

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析