入学準備に役立つ情報を集めました。

先輩親子の 成功談&失敗談

先輩親子の 成功談&失敗談(学習机)

【【成功談】】

作業スペースのある広い机は良かったです。

学習机

教科書はサイズが大きいですし、工作や自由研究などの作業必要になってきます。
机の上の作業スペースが十分にあるものを選んで正解だったと思います。

体が大きくなっても使えそうなものにして正解!

「小学生から大学生まで約40~60㎝ほど伸びるよ」という情報を親戚から聞いていたので、成長に合わせた高さ調整機能ができる机を買うことに!

高さ調節できるものって、足が床にしっかりとつきますよね。おかげで勉強してるときも足がブラブラしないので学習に集中できているみたいです。これら机とイスは、大学生まで使おうと考えているので、机とイスの高さ機能調節があって安心です。

デザインが置く場所にあっているシンプルな机で良かった!

うちは、子ども部屋での学習は最初のうちはしないでリビングに机をおいて学習するように決めました。なので、机のデザインや大きさ、形などがリビングにマッチしているものを選ぶことに!

おかげでリビングに机がおいてあってもしっくりくるというか、違和感がないので良かったです。
そのとき子どもが気に入ったデザインがずーっとこの先も気に入るとはかぎりませんよね。
その点、シンプルなものだと飽きもこないし、どこにおいても自然なのでおススメだと思いました。

【【失敗談】】

セールス品なので不良品でも交換できなかった。

出費を控えたかったのでセールス品を購入したら付属の本棚の部分がわれていて…。新品じゃなかったので取り替えができませんでした。新入学というのに傷があるものを与えてしまってちょっと子どもには申しわけなかったです。

机といすはセットのものがベストでした。

机は気に入ったのですが、いすがいまいち気に入らず…。ということで、机といす、別々に購入することにしました。
でも、やっぱり机の高さといすの高さがぴったりした感じがしないみたいです。子どもは「これじゃあ、勉強しずらいよ><」とグチっています。やっぱり、机といすはセットで購入した方がよかったかも…。

引き出しがなくて整理ができない。

デザインのよいシンプルな机を選びました。シンプル過ぎて引き出しが少なかったのが最悪!
しまわないといけない学習ノートや教科書が片づけられないのです。物の整理整頓がうまくいかないので娘にはかわいそうな思いをしました。「引き出しやワゴンは整理整頓しやすいものであるか」は、机を選ぶ際のチェックポイントだと思います。

回転できるイスは学習が集中できない。

キャスター付きのイスは、物をとるときや立ったり座ったりするときに動きやすいというメリットがあります。息子もクルクル回るイスを気に入ったので回転できるイスを購入することに。
しかし、クルクル回りすぎて集中力が続かないみたい。しかも、男の子なのでクルクル回るのが楽しいみたいで、学習しないでイスの上に乗ったり遊んでます。ちょっと危ないかも


スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析