入学準備に役立つ情報を集めました。

入学式用スーツ(男の子)

入学用スーツ (男の子)

入学式、男の子のスーツは?

春といえば、卒園式、入学式を迎える季節。この3月、4月というのは、子どもたちにとっても親にとっても大イベントが待ち構えている慌ただしい時期です。

今からワクワクとした期待と不安の入り混じる中、入学準備をするわけですが、そこで気になるのが、子どもが入学式に着る服装ですよね。

小学校で服装がある学校に通われるお子さんであれば、入学式の服装のことは考えなくてもいいのですが、服装がなくて私服で通う学校の場合は、入学式用スーツなどを新たに購入しなければいけません。

お子さんにとって小学校の入学式というものは特別な儀式であり、一生に一回しかないものです。
記念写真もとることですし、ハレの舞台を思い出深いものにするためにも、素敵な服装を着せてあげたい! これが親心でしょう。

初めてのお子さんの場合はとくに「今の入学式はどんな服装がいいのか」「ほかにどんなものをそろえたほうがいいのか」迷うと思います。では、実際にどんな服装にすればいいのか、リサーチしてみました。

男の子はどんな服装をすればいいの?

入学式での男の子の服装は、ほとんどスーツやブレザーで出席するケースが多いようです。

上はシャツにネクタイをはめて、ベストをしたり、ジャケットにしたりです。中には、カーディガンをはおる男の子もいますが、それも個性的でオシャレでしょう。下は、半ズボンか長ズボンが一般的です。ちなみに、半ズボンを合わせることで子供らしさが演出できます。

※ここだけは確認しておいて!

長ズボンの場合はさておき、半ズボンですが、今はハーブパンツが主流です。中にはお兄ちゃんや知り合いのお下がりをいただき、それを着まわしたいと考えている場合、いちど確認してほしいのが、ズボン丈。10年くらい前の半ズボンのズボン丈というのはひざがバッチリと見えるくらいの短い長さでしたが、今は、ひざがかくれるくらいの長さが一般的です。

10年ほど前はポピュラーだった半ズボンをはいている人も中にはいるかもしれませんが、少数なのでズボン丈が短すぎるとやけに目立ってしまうかもしれません。

それでも平気だよ、という人はわざわざ新たに高いスーツを購入する必要はありませんが、入学式の日に後悔するかもしれない、という一抹の不安がある人は、おさがり品と今主流ものものとあまりにミスマッチしてないか、一度お店で比べ見てみる方がいいかも知れないですね。

入学式用男の子の服装の色(カラー)は?

  • スーツは?

やっぱり定番の黒や紺系などのダークカラーでストライプのものが人気です。

  • シャツは?

今人気のシャツは、ただの真っ白ではなく、うすめのイエローや青系のカラーシャツです。白地にストライプのはいったシャツも大人気のようですね。

  • ネクタイは?

赤や青など一色だけでなく、パープル系の色もオシャレでいいかもしれません。
一色の色よりも水玉やストライプなどの柄をもちいたものはいいですね。

  • 靴下は?

一昔前までは、ひざ上の半ズボンに白地の靴下が定番でした。今は、ひざ下のハーフパンツに、靴下も黒や紺色を取り入れていると今風でカッコいいと感じられるみたいです。

入学式用男子服装に合わせたい小物は?

男の子といえども、自分のイメージに合ったおしゃれを試みたいもの。おしゃれを演出してくれる一つに小物が活躍します。男の子なら、ネクタイやポケットチーフが一般的ですね。ネクタイのデザインもストライプや水玉などいろいろあります。ネクタイはチーフとデザイン的に同じものを揃えた方が違和感なくて素敵です。

さいごに

入学用にスーツを購入する人も多いと思いますが、小学校の入学式用の場合は、スーツを購入してもすぐにお子さんが大きくなるので着回しが少ないというデメリットがあります。
(ただし、卒園式、七五三などに着回しするという人は別ですが・・・。)

スーツを着るのは、入学式だけという人は、オークションやバーゲンで購入し、使用し終わったらすぐに販売するという手もあります。

また、入学式用のスーツがレンタルできるサービスをおこなっている記念写真スタジオもあるようですね。それを使うのもいいでしょう。

入学前のこの時期、子どもたちの心は自意識やオシャレ心が芽生えています。男の子ならネクタイやポケットチーフなどの小物にアクセントをつけるなど工夫すると一味違うオシャレ感がプラスされます。

ただし、ここで気をつけたいのが悪い目立ち方をしないこと。あまり個性的すぎる服装や小物づかいだと周囲から浮いてしまうもの。できるだけ、式典参加にふさわしい服装であること、フォーマルウェアの範囲をこさないようなオシャレ、これを心かけたいですよね。

入学式は、桜の花も咲いている時期、これからの輝かしい未来で期待いっぱいの子どもたち。服装も自分の子どもにあった素敵なデザインと色でビシッと決めてみてください。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析