入学準備に役立つ情報を集めました。

失敗しない「学習机」の選び方

失敗しない「学習机」の選び方

学習机

子どもにハナマルな「学習机」ってどんなもの?

机は小学校にあがってからでもいい、という考えもありますが、大切な家庭習慣をつくる上でも最初から勉強に集中できる学習机をそろえておくとベストですね。

もちろん、進級してからでもかまいませんが、子どもの学習意欲を高めたいのであれば、入学する前に机はできればあった方が絶対にいい!でも、いったいどんな机を選べばいいのか、悩むところです。

子どものよっても親にとっても「購入してよかった!」と思える机選びのヒントをご紹介したいと思います。

学習机を購入する前にこれだけは準備して!

  • 学習つけを置く場所を決めてその場所のサイズを測っておくこと
  • 机を置く場所の周囲のサイズを測っておくこと(窓の高さやほかの家具との距離感など)
  • 学習机はいつまで使う予定?(小学校だけか、大人になるまでか?)
  • 予算を決めておこう(相場を調べておいた方がベスト)
  • どんなタイプの机にしたいか前もってリサーチしておこう!

学習机を選ぶときのチェックポイント

  • 天板のサイズは狭くないか?
  • 引き出しや棚の数は大丈夫?
  • 学習机の色やデザインは部屋にマッチしている?
  • 机の天板や椅子の座面の高さは成長に合わせて変えられますか?
  • 子どもが気に入っている机ですか?

「こんな机がいい!」個人的におススメな学習机選び

  • 「机の上が広くスッキリ」しているもの

昔から、子どもたちに人気なのが「机の前に棚がある」従来の学習机タイプ。
机の前に棚があるほうが、子どもたちには夢があるみたいですね。

しかし、これが案外落とし穴になるケースが…。低学年のうちはどうしても棚にキャラクターもののおもちゃを置きたくなる傾向にあるようで、そうなると視線の先は気になるものばかりがならび、どうしても学習に集中できなくなるようです。

「学習机は勉強するところ」学習に打ち込めるシンプルで広い机が勉強しやすいと思います。
それに、たとえ学年が上がったとしても飽きることなく使い続けらるに違いありません。

  • 「フック」が机の横にあったほうがいい

小学校へあがるとランドセルや体操着など大きな荷物も増えてきますよね。そういった学校からの大切な持ち物を置く場所はどうしたらいいでしょうか。机の横にランドセルなどをかけられる「フック」が備え付けられているととても便利だと思います。パッとランドセルから宿題が取り出せて、サッとしまいこめるなど、無駄な動きがないのでスムーズな動きにつながります。

  • 「素材」がいいこと

「小学校6年間だけが机を利用する期間ではなく、中学校、高校、大人になってからも使えるようなものがいい!」という親御さんは、「素材」選びにこるべきです。

国産天然目などは本当によい素材ですし、信頼できるメーカーがつくったものであればなお安心ですよね。シックハウス症候群の一因となるホルムアルデヒドの方治療などの「安全性」や「修理期間はどれくらいか」もし9っかりと確認してからの購入が安心ですね。

ただし、素材にそれほどこだわりを持たないという方は、素材にそれほど重視しなくても大丈夫です。

  • 「引き出しが片づけやすい」こと

小学校に入ると学校からさまざまな学習用品が届くようになります。ノートや教材、提出物などをそのまま机の上におきっぱなしにしておいたら、何がどこにあるのか分らない、という状態になってしまうかも…。もちろん、探すのに時間もかかりますし、勉強を始めるのにとても手間がかかってしまいます。とても家で学習できる状態ではありませんよね。

集中して学習に取り組めるためにも引き出しがあった方がいい。しかも、子どもさんが片づけやすいと思うような引き出しが備え付けられているものを選ぶことも重要な机選びの条件だと思いますよ。

  • 「高さ調節」ができること

できれば、子どもの成長に合わせて机の天板の高さが変えられる机がいいですね。正しい姿勢を保てますし、目や体全体がつかれにくいのです。
体が安定に保てれば、集中した学習を取り組むことができると思いますよ。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析