入学準備に役立つ情報を集めました。

失敗しないランドセルの選び方

失敗しない「ランドセル」の選び方

まだ体の小さな1年生にとってランドセルを背負っての通学は想像以上の負担がかかるもの。だからこそ、こだわりたいのが、背負った時の軽さです。6年間ずっと使い続けられるように、必要な補強はしっかりと加えたもので丈夫さも両立させたいのであれば、ただ本体の軽さが軽いだけで選ぶのではなくて、「体感が軽いもの」を選ぶ方がよいでしょう。そして、6年間しっかりと使い続けられる丈夫で長持ちできる素材や機能なども後悔しないランドセル選びのポイントになってきます。

「体感が軽い」ランドセル

体感が軽くて、負担の少ないランドセルの背負い方には、2つポイントがあります。

1つは、荷物をからだに密着させること。そしてもう1つは、荷物の重心(重さの中心)を高い位置にすることだそうです。この2つが満たされることで、お子さんのからだにかかる負担が抑えられるんですよ。

ランドセルを選ぶときは、子どものからだとランドセルの間に隙間がなくて密着しているかどうか、かならず確認してから選んだ方がいいですね。

丈夫で長持ちできそうなランドセル

雨にも汚れにも負けない、撥水加工されたランドセルもおススメです。水や汚れをしっかりとはじくのでぬれても泥がついてもサッとふくだけなので安心ですし、色落ちやシミになる心配も少ないでしょう。

成長にあわせて使えるランドセル

6年間の子供の成長はとてもめまぐるしく、だいたい30㎝も身長がのびるため、体格や体型に合わせて調節できる機能のあるランドセルを選ぶことは必須条件です。肩ベルトの長さ調整もベルトの穴が多ければ多いほど、調節が可能ということも覚えておきましょう。

ランドセルを担いでからだが動かしやすいランドセル

子どもは大人よりもずっと動きが大きくて長い時間動いています。(たとば、横断歩道でも子どもは思いっきり腕を伸ばして元気よく歩いていますしね)思うように体が動かせないのは、子どもにとって大きなストレスになりますし、やる気が失せたり、運動量が落ちることもあります。ランドセルを選ぶときは、体の動きに合わせて腕が動かしやすいか、どうかを基準として選びましょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析